清正の井戸

かの有名な明治神宮に行ってまいりました。

原宿駅におりたのなんて超久しぶりです。

 

都会の中のオアシスです。

ここだけ森の中。

街中よりは、体感気温は1~2度低いかな。でも、暑いです(^^;

 

何度か来た事があったはずなんだけど、じっくり見渡したのは今回が初めて。

この日は、結婚式もあって、ここを花嫁さんが通っていきました。

外人さんも珍しそうにみてましたね~

 

最近外出すると、結婚式に出くわす事が多いです。

花嫁さんは輝いていますね。うらやま~

 

今回のお目当ては、「清正の井戸」。

知る人ぞ知る、身近なパワースポットです。

 

ここに入るのには500円かかるけど、うん、確かにパワースポットっぽい。

漂う気が、またちょっと違います。

この水で、パワーストーンやらを洗うとご利益があるそうです。

我々も、さっそくやりました。

 

あ、お水は飲めませんのでご注意くださいね。

でも、手をつけるとひんやりして気持ちがいい。

ききめがあるかどうかはわかりませんが、ちょっとだけ元気にはなれました。

(2009/7/吉日)

 

檜原村

”村”ですが、りっぱに東京都内です。

「今日はどこに行こうか」と、地元の駅を出発しても未だ相談中の私達。

せっかくのGWですから、やっぱりちょっと足を伸ばそうと電車を乗り継ぎ乗り継ぎ各駅停車でゆっくりめの到着は武蔵五日市駅。

 

最初は、神戸岩(かのといわ)からスタートしようと思ってたのに、計画性なしなのでバスもなし(トホホ)

まいっかで払沢(ほっさわ)の滝から出発!

 

森の道をてくてく。

緑の中を歩いているだけで頭も心もからっぽになります。

風の音と鳥の声と水の音。

何も考えないでつながっている道を歩くだけ。

人生もそうだといいのに。。。。。(ボソ)

 

水が落ちていく音が近づいてくると、肌に感じる空気にぐっと湿り気が混じります。マイナスイオンにどっぷりひたって幸せ。

ここで、滝をみながらおにぎりランチ。

コンビニのなんでもないおにぎりだけど、ものすごく美味しい。

今日一日、これで終わってもいいな。。。。。と思っていたけど、せっかくなので先に進みました。

近辺は歩行者ようの道が整備されているのですが、あちこちから渓谷に下りる事ができます。

この水は生活水として引かれているだけあって、かなり美しい。

遊歩道を使って北上すると「とうげん橋」に出ました。

ここからは、バスが通っている舗装されたゆるやかなのぼり道をトコトコ。

山の景色が広がっているので開放感があります。

少し行くと、滝発見。

案内板には、”奥ゆかしい滝”と表現されていた「茅倉の滝」です。

確かに、ひっそりと恥ずかしそうにたたずんでいるような、かな。

 

そしてマップにのっていた「御霊檜原神社」へ。

うっかり通りすぎる所でした。

その位、ひっそりです。

人の気配がないというか、どちらかというと人を拒むような気がただよっているようなちょっと重い肌感。しかも、熊出没の看板のオマケつき(苦笑)

鈴は持っていなかったので、二人でしゃべりながら最後の目的地をめざして山道へ・・・・・。

 

ここからがつらかった。

 

舗装された山道をどんどん登って汗びっしょり。

でも、まだまだなんだよね。

舗装道が終わっていよいよ山の中へ。

 

だって「天狗滝」なんだもん。

1kmの長い事。

ようやく到着、バンザイ!

でも、実はここが「天狗滝」だったかは・・・・・?

看板もなく、ただただ滝が佇んでいたのみ。

この上のさらに「綾滝」をめざす人達もいましたが、我らはギブ。

気力体力が残っているうちに下山。

 

疲れたけど爽快ー!

 

今日の最後のHAPPY♪

きた道に戻ろうと、竹林を通ったら竹の子発見。

こんなふうに出ているのを見たのは初めて~

山の春だね。

 

今日も一日を満喫。

自然に囲まれたお散歩は、二人で\4,770でした。(2009/5/3)

 

 

 

いつもの

中野通りの新井五差路。

この所人気を集めているのが「はらドーナッツ」

おからを使った体に良いオヤツ。もちっとした食感が特徴ですね。

この前、犬の散歩のついでに買って帰りました。

美味しかったけど少々食べすぎてお腹がもったり。

オヤツはほどほどに。

 

今日のランチは新井薬師の商店街のパスタ屋さん。

お店の名前覚えてないけど、美味しいです。

ここの商店街をぶらぶら歩いていると、なんとなく中野についてしまうんですよね。

今日もいっぱい歩いてしまいました。

(2009/4/29)

 

秩父さんぽ

千年ミュージアムって聞いたことがありますか?

「秩父の豊かな自然と歴史遺産のアートを見に行きませんか」と西武が掲げたキャッチです。

その昔遠足で行ったような記憶のカケラしかない秩父って、何があるのかなあと思っていたのですが、三十四ヶ所の礼所があったんですね。

お金をかけないGWの過ごし方その1、秩父へショートトリップしてきました。

ほんとはね、池袋から出ている特急レッドアロー号に乗って快適に列車の旅でスタートするつもりだったのです。

なのに、なんと満席・・・(ぐっすん)

ま、大人二人急ぐ旅でもないので、のんびりと各駅停車の旅に変更しました。

約二時間半かけて到着~

改札を出るとすぐにワクワク楽しい仲見世発見!

浅草の三分の一もないような通りですが、そこはやはり非日常空間、秩父の地をふむ前の準備運動とばかり、キョロキョロふらふらと見て回って軽く気持ちを高揚させてレッツゴー!

レッドアロー号が満席だったのは、たぶん今が見ごろの芝桜のせいだと思うのですが、他にもあちこちで藤の花が咲き始めていました。

見て回った礼所にも藤棚がある所が多くみられ、建物と調和したしなやかな美しさに感動しました。

今回は、日帰りウォーキングのガイドブックに従って全部で六ヶ所を回りましたが、イチ押しは「今宮坊」でした。

なんと言っても圧倒されたのは、この欅(ケヤキ)の木。

「今宮坊」は第14番の礼所で、かつてはここの八大宮を参拝してから霊場巡りをしたそうです。

今宮神社には龍神が祀られているのですが、平成三年(?)にここの宮司さん達が実際に龍神様が現れてこの欅の中に入っていくのを見られたそうです。

欅の前にその時の様子が記されていたのですが、欅の木のそばにいて空を見上げると納得してしまいます。

秩父に行ったら是非立ち寄ってみてください。

こちらにある清龍の滝でお金を清めると百倍になるそうです(笑)

それから今回まわった礼所の中でやっぱりはずせないのは秩父神社ですね。

秩父地方の総鎮守で、中には皇室の方が植樹した木などもありました。

おもしろいのはこちらのお猿さん。

日光のは「見ざる聞かざる言わざる」ですが、秩父は「よく見てよく聞いてよく話す」のお元気三猿だそうです。

ちょっとこっけいなお顔で明るくていいですね。他にも「つなぎの龍」や「北辰乃梟」などの彫刻がほどこしてあり見ごたえ有りです。

 

他にもたくさん心に納めて帰ってきましたが、礼所をまわってご利益があったという実感があったのです。

最後の音楽堂に行った後、バスで西武秩父駅に戻るつもりでいたのですが、バス停の時刻表はこんな感じ。(笑)

ところがです、私達がこのバス停に到着したのは15:15。

なんたる幸運!

 

たくさん歩いて帰りは特急で爆睡!

今回の秩父散歩は、大人二人でしめて\5,000の旅でした。

(2009/4/28)